Japan BP 2012 Application【訂正あり】

Japan BP 2012 Applicationを公開致します。
参加される方は締切に注意して下さい。

(11/28 1:10訂正)
振込み金融機関情報に関して訂正があります。

※注意
1, 先日お送りいたしましたインビテーションに返信されていない大学の参加は原則認められませんので、ご注意ください。
2, インビテーションでの参加希望チーム数と、アプリケーションでの参加希望チーム数が著しく異なりますと、参加費確定や会場確保が難しくなってしまうため、参加を認められない可能性がございます。くれぐれも参加チーム数の変更がないようお願い致します。
3, アプリケーション返信期限後は原則、一切の参加を認められませんのでご注意ください。また、アプリケーション登録後の参加キャンセルもご遠慮ください。
4, 特殊な事情によりジャッジ免除の申請を希望する場合は、【11月26日15:00】までに、CD伊藤(japanBP2012@gmail.com)にご連絡ください。その後の申請は原則認められませんので、くれぐれもご注意ください。

以下、大会の詳細となります。インビテーションから追加の情報があるので、必ず一読されるようお願いします。

<Japan BP 2012>

【主催】
Japan Parliamentary Debate Union (JPDU)

【大会趣旨】
– BP Style日本一のディベーターの決定
– 12〜1月に開かれる世界大会にむけた準備

【日時】
– 予選: 2012年12月15日(土)
– 本選: 2012年12月16日(日)

【会場】
– 予選: 首都大学東京(予定)
– 本選: 国際基督教大学

【大会形式】
– BP Style
– Constructive Speech: 7minutes
– Preparation Time: 15minutes

【Adjudication Core】
本大会ではAC制をとることになり、Adjudication Coreのメンバーは以下のようになっております。

Chief Adjudicator
・Takehiro Kamei (WAD)
– Grand Finalist, TiTech Cup 2011
– Grand Finalist, TANACUP 2011
– Semi Finalist, ICU Tournament 2012
– Semi Finalist, ESUJ Tournament 2011

Deputy Chief Adjudicators
・Kaycee Matsuda(Sophia)
– Best Speaker, Ryoso Cup 2011
– Grand Finalist, Japan Women’s Debating Championship 2012
– Quarter Finalist, ESUJ Tournament 2012

・Yuki Tominaga (UT)
– EFL Champion, World Universities Debating Championship 2010
– Grand Finalist, Hong Kong Debate Open 2012
– Champion & Best Speaker, 26th JPDU Tournament
– Champion, Japan BP 2011

【ブレイクシステム】
予選:4ラウンド
本選:16チームブレイク

【参加対象】
学部生、大学院生、OBOGを含めたすべてのディベーター

【ジョイント】
本大会では昨年度とは異なり、ジョイントでの参加を全面的に認めております。

【参加費の振込について】
本大会に参加される大学の代表者の皆様は、【11月30日】までに参加費の振込みをお願い致します。なお、期限までに振込みの確認ができなかった場合、参加ができなくなる可能性もございますのでご注意ください。

【1】参加費
1チーム 3,000円
※中部方面から参加される大学(南山大学、名古屋大学)、関西方面から参加される大学(京都大学、神戸大学、大阪府立大学)は、遠方援助として参加費支払いを免除しますので、参加費を振込む必要はございません。また、同様の理由で参加費の振込みを免除されるジョイントチームには個別にご連絡いたします。

【2】振込み金融機関情報(11/28 1:10訂正)
郵便局、ゆうちょ口座から振り込んでいただく場合
記号10000 番号 85457161
その他の金融機関から振り込んでいただく場合
店名〇〇八(ゼロゼロハチ)
店番008 普通預金
口座番号8545716

【3】振込み時の注意
振込みの際は、振込み者名を【大学名+チーム数】にしてください。
例)早稲田大学2チーム参加→ワセダダイガク2
ジョイントの場合は【代表者名】にしてください。

【4】振込み期限
11月30日
※30日の正午を過ぎますと、30日中に送金できない可能性がありますので、余裕を持ってお振込みいただきますようお願いいたします。
【5】振込み完了メールの送信
振込みが完了いたしましたら、Financial Directorの井川詩織(jbp2012.fd[@]gmail.com)までお知らせください。その際件名を
大学参加の場合
〇〇大学 Japan BP 2012 2012 参加費振込み完了
ジョイント参加の場合
代表者名 Japan BP 2012 参加振込み完了
とし、本文にはチーム数と合計金額をご記入ください。
後日振込み完了確認メールをFD井川から送らせて頂きますので、そのメールをもちまして参加登録完了とさせて頂きます。
以上が振込みのご案内です。

【遠方援助について】
今大会ではパーラメンタリーディベートの普及のため、また遠方からの参加をし易くするために、遠方援助をさせて頂くこととなりました。

【1】参加費の免除
上記でお伝えした通り、参加費免除の対象は以下の通りとなります。
中部方面から参加される大学(南山大学、名古屋大学)、
関西方面から参加される大学(京都大学、神戸大学、大阪府立大学)、
遠方から参加されるジョイントのチーム

【2】参加チーム援助
遠方から参加されるディベーター、ジャッジの方には参加費免除に加えて交通費の援助をさせていただく予定です。
この援助は大会当日、直接お渡しすることを考えております。
よろしくお願い致します。

【ジャッジ提供数について】
ジャッジ提供数N=N
(参加チーム数の数だけジャッジの提供をお願いします)
※ジャッジ提供ルールについて
本大会はジャッジブレイクシステムを導入しているため、原則両日参加をお願いしております。土曜日のみ参加可能の場合は、0.5人とカウントされます(つまり土曜日の提供ジャッジが2人いることで1チーム出場できることとなります)。日曜日のみの参加は認められませんので、あらかじめご了承ください。
※会場の部屋数や参加希望チーム数によっては今後チームキャップを設けさせていただく可能性もありますので、ご了承ください。
※特殊な事情によりジャッジ提供が非常に困難である場合などは、11月26日15:00までにCD伊藤(JapanBP2012@gmail.com)までご相談ください。

【ジャッジ資格】
以下の条件を満たしている方にジャッジ資格がございます。
(1) ディベート歴1年以上(大学2年生以上)
(2) BP Styleの大会に出場経験のある方
※ディベーターとしての参加、もしくはジャッジ(トレイニー経験でも可)として参加、どちらでも構いません。
※BP Styleの大会であれば国内外問わず、どの大会でも構いません。
(3) 今後実施するジャッジテストを受験された方
※今後実施されるジャッジテストの詳細については、後日ACからご連絡させて頂きます。
※大学一年生でもWorldsにジャッジとして参加する場合など、積極的にジャッジとしての参加を希望する場合、トレイニーとしての参加することを認めます(ただし、提供ジャッジとしてのカウントはされません)。
※運営コミッティー、ACを提供された大学は、コミッティーまたはAC1人につき1名分ジャッジ提供免除になり、会場提供校は2名分ジャッジ提供免除になります。ただし、コミがディベーターとして参加する場合は、1名分のジャッジ提供免除はありません。また、ジャッジ提供免除は団体参加の場合のみに適用され、ジョイントで参加する場合は自大学からコミまたはACが出ていてもジャッジ提供の免除はありません。

【ブレイクナイトパーティ】
今大会では、予選日の夜にブレイクナイトパーティを行う予定です。
ブレイクナイトパーティではブレイクジャッジ、チームの発表を行い、ディベーター間での交流の促進を目的としております。ぜひご参加くださるよう検討をお願いします。
料金は2000-3000円程度で場所は未定ですが、夜に予選会場付近での開催を予定しております。
参加申し込みはチーム、ジャッジ参加登録のページにてお願いいたします。
ディベーター、ジャッジ以外で参加をご希望の方は個別にCD伊藤 JapanBP2012@gmail.com までお願いいたします。

【本大会のコミッティー】
このメンバーで参加者の皆さまにより良い大会を提供できるよう尽力していく所存でございますので、どうぞよろしくお願い致します。

Tournament Director
Takashi Iwai (UT)

Vice Tournament Director
Keita Takayanagi (ICU)

Media Director
Yuki Tayama (KDS)

Financial Director
Shiori Ikawa (UT)

Tournament Coordinator
Miyuki Orito (ICU)

Tabulation Director
Fumito Nakamura (Titech)

Communication Director
Masahiro Ito (Titech)

【アプリケーション返信方法】
大学同士で参加する場合は大学代表者様が、ジョイントで参加する場合は代表者様が
以下の手順を【11月30日15:00】までに完了させてください。
以下の返信フォームのURLをクリックして、必要事項に記入してください。
チーム参加登録(大学用)
チーム参加登録(ジョイント用)
ジャッジ参加登録

以下のフォーマットに従って確認メールをCD伊藤(JapanBP2012@gmail.com )まで送って下さい。
————-確認メールのフォーマット————-
[件名] 代表者名 Japan BP 2012アプリケーション
[宛先] JapanBP2012@gmail.com
[本文]
代表者名:
参加チーム数:
参加ジャッジ数:
—————————————————————–
以上がJapan BP 2012のご案内と大会参加登録の方法になります。
質問等ございましたら、CD伊藤 JapanBP2012[@]gmail.com までご連絡ください。
皆様のご参加、心よりお待ちしています。