JPDU Japan Pre-Australs 2012 Application

JPDU Japan Pre-Austral 2012のApplicationのお知らせです。
参加を希望される方は、下記をよく読んでいただきApplicationの提出をして下さい。
運営側に非常に困りますので、締切は守って頂きますようよろしくお願い致します。

なお、Individual Adjudicatorで参加を希望される方は「ジャッジ提供」の項目にその旨が記載されていますので、その手順に従って下さい。

 

《JPDU Japan Pre-Australs 2012》

【大会趣旨】
– Australasian Style を経験してもらう機会の提供
– ディベートを通したOB/OGと現役生の交流

【日時】
2012年7月1日(日)

【会場】
未定

【ディベートスタイル】

– Australasian Style(3対3)
– Constructive Speech: 8minutes
– Reply Speech: 4 minutes
– Preparation Time: 30 minutes
– 3motion制
– POI無し、POO無し

【ラウンド数】
3ラウンド+Grand Final

【参加対象】
ディベーターであること。
OBOG、高校生、院生の方も含みます。
Australsに参加されない方も積極的にご参加下さい。

【チームの組み方】
特に条件は設けません。
自由に編成して下さって結構です。

【参加費】
1チーム 2100円
-参加費は大会当日に徴収させていただきます。

【ジャッジ提供】
N=1(1チームにつき1人のジャッジを義務とします)
-ただし新興大学、関東圏外からの参加者のみで構成されたチームはジャッジ提供免除の対象となる場合がございます。個別にご相談ください。

*現在Individual adjudicatorを大募集中です。OBOGの方等でジャッジ探しに苦労されている方がたくさんいらっしゃいます。その方々の出場を可能にするため、また大会の質をあげるためにも、以下のジャッジ資格を満たしている方は是非、Individual adjudicatorとして参加してください。ジャッジとして参加可能な場合はadj core用のメールアドレスまでご連絡ください。ご協力宜しくお願い致します。

【ジャッジ資格】
以下のいずれかの条件を満たしている方にジャッジ資格がございます。
(1) —ディベート歴2年以上 (通常の3年生以上の方)
—国内または国外のAsian Style形式の大会出場経験者(Austral Asian Styleは経験されていなくても結構です)
(2) —ディベート歴2年未満 (通常の1,2年生の方)
—Asian Styleの大会(ディベートのすすめ、Titech、ICUT、海外大会)のメインブレイク経験者
(3) JPDU大会 (春、秋、冬)、国際大会でのジャッジブレイク経験者
*ジャッジに関する質問はCA織戸までご連絡ください。
*また以上のジャッジ資格を満たせない方で今年のオーストラルに参加するためにトレーニーとして参加したい方やジャッジ資格を満たす方でindividual adjudicatorとして参加したい方がいらっしゃいましたら、アプリケまでに同じくCA織戸にご連絡ください。

【Adjudication】
今回の大会ではCA制を採用しております。Adjudication feedback sheet(ジャッジ評価制度)を導入し、ディベーターから評価、またジャッジ同士で評価をして頂きます。評価の高かったジャッジの方はジャッジブレイクをし、Grand Finalのジャッジをして頂きます。

なお、以下の方々が今回のAdjudication Core となります。
Chief Adjudicator: 織戸 未幸(国際基督教大学4年)
・Co-Chief Adjudicator of Japan Women’s Debating Championship 2012
・Deputy Chief Adjudicator of Gemini Cup 2011
・Breaking adjudicator of JPDU Spring Tournament 2012
・ESL Semi Finalist of Australasian Intervarsity Debating Championship 2011
・EFL Grand Finalist of North East Asian Debate Open 2010

Deputy Chief Adjudicator: 米山 健太(慶応義塾大学4年)
・Breaking Judge of 24th JPDU Tournament
・Breaking Judge of 11th Titech Cup
・Semi Finalist of 14th ESUJ
・Quarter Finalist of 19th ICU-T
・Octo Finalist of 22nd JPDU Tournament

【チームキャップ】
開催する会場によっては会場の教室数に限りがございますので、チームキャップを設けさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

《返信用アプリケーションフォーム》
インビテーションで参加を希望された大学/ジョイントチームの代表者の方は以下のフォーマットに記入し、【6月17日(日)23:59まで】CD高原まで 返信をお願いいたします。
なお記入していただく代表者連絡先は大会当日の緊急連絡先としても使用させていただきますので、大会に出場される方の連絡先をご記入いただくよう、よろしくお願いします。また、記入していただいた連絡先につきましては、今大会目的外には使用いたしません。

【大学参加用】
大学名:
チーム代表者名:
チーム代表者連絡先(携帯電話番号):
チーム代表者連絡先(携帯アドレス):
チーム代表者連絡先(PCアドレス):

チーム名(全角20字以内):
(Debater1)
氏名:
ローマ字氏名:
(Debater2)
氏名:
ローマ字氏名:
(Debater3)
氏名:
ローマ字氏名:

—————————————————

【ジョイント参加用】
代表者名:
代表者大学名:
代表者連絡先(携帯電話番号):
代表者連絡先(携帯アドレス):
代表者連絡先(PCアドレス):

チーム名(全角20字以内):
(Debater1)
氏名:
ローマ字氏名:
大学名:
(Debater2)
氏名:
ローマ字氏名:
大学名:
(Debater3)
氏名:
ローマ字氏名:
大学名:
—————————————————
【提供ジャッジ情報】
提供ジャッジ氏名:
ローマ字氏名:
出身大学:
ジャッジ連絡先(携帯電話番号):
ジャッジ連絡先(携帯アドレス):
ジャッジ連絡先(PCアドレス):
——————————————————————————————
※以上のフォームをコピーして記入するようお願いいたします。

以上がJapan Pre-Australs 2012のアプリケーションとなります。
何かご不明な点等ございましたら、CD高原までお気軽にご連絡ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。