【リマインダー11月18日(月)締切】Japan BP 2013 インビテーション

Japan BP 2013のCommunication Directorを務めさせて頂きます、慶應義塾大学4年の田山友紀と申します。
先日お送りしましたJapan BPのインビテーション返信期限が近づいて参りました。返信期限は【11月18日(月)23:59】となっております。

11月16日22:30の時点で、
・出利葉貞弘様
・小野暢思様
・石河敏成様
・成蹊大学
・東京外国語大学
からのインビテーション返信を確認しております。
本大会に参加を希望される方で未返信の方は下記の手順に沿って必ずご返信下さい。締め切りは【11月18日(月)23:59】ですので、くれぐれも締め切りを過ぎる事のないようお願い致します。
以下、大会概要及びインビテーションの返信方法を再掲致します。

————-
今年のJapan BP 2013(通称JBP)は、「BP Style国内最強決定戦」として12月14日から15日に渡って開催されます。皆様には本大会を通じてBP Styleの技術にさらに磨きをかけて頂き、年末の世界大会で活躍して頂くためのきっかけとして頂ければと思っております。皆様奮ってご参加下さい。
つきましては、大会概要を一読の上、【インビテーション返信方法】の項に記載の手順に従ってインビテーションへの返信手続きをお済ませ下さい。締め切りは【11月18日(月)23:59】とします。なお、インビテーションでの参加希望チーム数と、後日送らせて頂きますアプリケーションでの参加希望チーム数が著しく異なりますと、参加費確定や会場確保が難しくなり、参加をお断りする可能性が出てきてしまいます。よって、学内での十分なご検討の上、インビテーションへの返信をどうぞよろしくお願い致します。

以下、大会の概要です。
【主催】
Japan Parliamentary Debate Union (JPDU)

【大会趣旨】
– BP Style日本一のディベーターの決定
– 12~1月に開かれる世界大会にむけた準備

【日時】
– 予選: 2013年12月14日(土)
– 本選: 2013年12月15日(日)

【会場】
– 予選: 未定(決まり次第告知させて頂きます)
– 本選: 国際基督教大学

【大会形式】
– BP Style
– Constructive Speech: 7minutes
– Preparation Time: 15minutes

【Adjudication Core】
本大会ではAC制をとることになり、Adjudication Coreのメンバーは以下のようになっております。

・Chief Adjudicator
Ryosuke Takahashi(WAD)
-Semi Finalist, ESUJ Tournament 2013
-Grand Finalist & 10th best speaker, 28th JPDU tournament
-Semi Finalist, Japan BP 2012
-Quarter Finalist, World University Peace Invitational Debate 2012
-Breaking adjudicator, Gemini Cup 2013
-Judge award, Japan Pre-Australs 2012

・Deputy Chief Adjudicators
Kohei Arakawa (ICU)
-ESL Champion of Victoria Australs 2012, 4th ESL Best Speaker
-EFL Semi Finalist of Asian BP 2012, 2nd EFL best speaker
-EFL Semi Finalist of United Asian Debating Championship 2012, 4th EFL best speaker
-Deputy Chief Adjudicator of Solbridge Northeast Asian Open 2013
-Grand Final Adjudicator of Malaysia Debate Open 2012
-Invited, breaking adjudicator of Hong Kong Debate Open 2013

Max Crylov (Hit-U)
-Best Speaker, JPDU Spring Tournament 2011, TiTech Cup 2012, Japan BP 2012
-Grand Finalist, Moscow Open (2007, 2008), Japan BP 2011, TiTech Cup 2013, JPDU Pre-Australs 2013
-Breaking Adjudicator, Malaysia Debate Open (2011)

Yo Kojima (Sophia)
-Deputy Chief Adjudicator of The Kansai 2013
-Breaking Adjudicator of ICU Tournament 2012
-Breaking Adjudicator of Titech Cup 2012
-Open Break, NEAO 2012
-Grand Finalist of 1st JWDC
-Co-Chief Adjudicator of JWDC 2013

【ブレイクシステム】
予選:4ラウンド(予定)
ブレイクチーム数(本選出場チーム数):参加希望チーム数に応じて調整いたします。

【参加対象】
高校生、大学生、大学院生、OBOGを含めたすべてのディベーター
※ただし、高校の先生方は、モーション(論題)を事前にお教えできないことをご了承の上、参加をご検討下さい。

【ジョイント】
本大会では昨年度と同様、ジョイントでの参加を全面的に認めております。

【参加費】
未定(参加希望チーム数に応じて調整)
※関東地方以外から参加されます大学については、参加費減額や交通費一部負担等を検討しております。

【ジャッジ提供数】
N=N(参加するチーム数と同数のジャッジ提供をお願い致します)
※以前にもPDMLでご連絡させて頂いた通り、コミッティー・ACが所属する大学は、【コミッティー・ACを1人提供するごとに、ジャッジ提供を1人免除】とさせて頂きます。

【ジャッジ資格】
(1)ディベート歴2年目以上の方(OB・OGを含む)
以下の条件を満たす方で、ジャッジテストを受けた方。
・ BP Styleの大会に出場経験のある方
※ディベーターとしての参加、もしくはジャッジ(トレイニー経験でも可)として参加、どちらでも構いません。

(2)ACによりジャッジテストを免除された方
海外大会のSubsidized Adjudicator制(レベルの高いジャッジをジャッジテストなどを免除し招待するシステム)を参考に、上記の条件を満たし、ジャッジテストの免除を希望する方にはAdjudication Coreに別途書類を提出していただきます。ACによる審査を経て、希望された方の中から何名かに対してジャッジテストの免除措置を実施します。
※詳細は、別途連絡いたします。

(3)ディベート歴1年目の方に関して
提供ジャッジとしての参加は認めません。しかし、上記の条件を満たし、ジャッジテストを受けられた方はindividual Adjudicatorとして参加することが出来ます。(ブレイク権は認められます。)

【本大会のコミッティー】
このメンバーで参加者の皆さまにより良い大会を提供できるよう尽力いたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

Tournament Director
Nanami Kanazawa(UT)

Vice Tournament Director
Yuka Morishita(TWCU)

Communication Director
Yuki Tayama (KDS)

Financial Director
Anna Ohtake (TMU)

Tournament Coordinator
Hiromichi Murano (Hit-U)

Media Director
Yutaro Kajiwara(Tsukuba)

Tabulation Director
Maho Kakuda (UT)

Vice Tabulation Director
Kumiko Dojo(ICU)

【インビテーション返信方法】
大学同士で参加する場合は大学代表者様が、ジョイントで参加する場合は代表者様が以下の順を【11月18日(月)23:59】までに完了させて下さい。
以下の返信フォームのURLをクリックして、必要事項を記入してください。

https://docs.google.com/forms/d/1qZ831oUFvBAV64hUAwWx8KciGa3KeUWHTUXGHWAwbBI/viewform

正しく送信された場合、自動返信が行われます。
フォーム入力で問題が発生したり、自動返信が来なかった等の問題がございましたらCD田山(japanbp2013[at]gmail.com)にご連絡下さい。

このインビテーションへの手続きが締め切り日までに確認できなかった場合、後日お送りするアプリケーションにご返信されても参加を認められない場合がございますので、ご注意下さい。

以上がJapan BP 2013のご案内と大会参加登録の方法になります。
質問等ございましたら、CD田山(japanbp2013[at]gmail.com)までご連絡下さい。
皆様の参加、心よりお待ちしています。

Japan BP 2013
Communication Director
田山友紀 / Yuki Tayama
email: japanbp2013[at]gmail.com