6月関東BPセミナー会場について

こんにちは。JPDU練習会6月担当を務めさせて頂いております、東京大学4年の金沢菜々実です。

今回は、6月22日の関東BPセミナーに関しまして、
【1】会場決定のお知らせ、【2】セミナー概要の二点を投稿させて頂きます。

【1】会場決定のお知らせ
横浜市立大学(最寄り駅:金沢八景駅)に決定致しました。
(アクセス:http://www.yokohama-cu.ac.jp/access/hakkei_campusmap.html

すでにお申し込み下さった方で、会場の場所により参加可能時刻(遅刻、早退等)に変更があるという方は、JPDU練習会6月担当(jpdu.practice.2013[at]gmail.com)までお知らせ頂ければ幸いです。

【2】セミナー概要

以下、本セミナーの概要、アプリケーションフォームを再掲させて頂きます。(会場の情報以外は、以前投稿させて頂いたものと変わりません。)

このセミナーは、British Parliamentary style(以下BP)のレクチャーとディベートの機会をご提供するものです。

早い時期ではありますが、1年生の方も是非ご参加下さい。(一からルールをご説明いたしますし、BPを学ぶことでNA styleの実力向上にもお役立て頂けると思います。)また、BPのルールをある程度理解している方も、BPのジャッジレクチャー、ラウンドの機会をご提供いたしますので是非ご参加下さい。 (ラウンドは、BP経験に応じてレベル分け致します。)

つきましては、概要をご一読いただき、所定のアプリケーションフォームに必要事項をご記入の上、アプリケーション返信の手続きをお済ませ下さい。各代表者様は、【6月14 日(金)23時59分】までにJPDU練習会6月担当(jpdu.practice.2013[at]gmail.com)まで、ご返信の程宜しくお願い致します。

以下、概要を記載いたします。

—————————————————————–

【趣旨】

– BP初心者にBPのルール・基礎を一から理解する場、実戦の場を提供する。

– BP中上級者に、部内練習の補足としてBPの練習の場を提供する。(人数の関係でBP練習ができないという方の練習機会、他大学のディベーターとの練習機会、良質なジャッジングを受ける機会等)

– BPのジャッジレクチャーを行い、BPジャッジの出来る人材を育成する。

【日時】

– 6月22日(土)

【会場】

– 横浜市立大学(最寄り駅:金沢八景駅)
(アクセス:http://www.yokohama-cu.ac.jp/access/hakkei_campusmap.html)

【主催】

– JPDU練習会6月担当

大竹杏奈(首都大学東京4年)

奥貫さつき(成蹊大学2年)

船戸理沙(東京女子大学3年)

金沢菜々実(東京大学4年)

【当日の流れ】

– スケジュール(予定)

10:00?12:00 レクチャー

12:00?13:00 休憩

13:00?15 :30 Round 1

15: 30?18 :00 Round 2

(練習会終了後、会場近くにて予算1000円程度の食事会を予定しております。ご予約は不要ですが、ぜひご参加ください。)

– 午前は、BP初心者を対象としたディベートレクチャーと、ジャッジレクチャーの2つのうち1つを選択し受講して頂きます。午後は、BP経験に応じてレベル分けした上で、BPのラウンドを開催します。

ディベートレクチャーでは、BPの基本的なルールを中心に、ジャッジレクチャーでは、BP特有のジャッジ方法についてご説明します。

– 午後のラウンドではレクチャーで学んだことを実践できます。ジャッジレクチャーを受けられた方は、経験のあるジャッジのパネルとしてご参加いただけますので、ジャッジが初めての方でもお気軽にジャッジでご参加ください。

【参加対象】

– 学年などの制限はございません。それぞれのレクチャー・ラウンドの参加対象者は以下の通りです。

ディベートレクチャー:BP初心者の方。まだBPを経験したことのない方。

ジャッジレクチャー:今後BPの大会でジャッジをしてみたい方。内容は基礎的なBP styleでのジャッジ方法を予定しております。

ラウンド:どなたでも構いません。BP経験に応じてレベル分け致します。

(原則、BP経験のない方は、ディベートレクチャーを選択して下さい。BPの基本ルールをご説明いたします。)

【ジャッジ提供】

– 不要

—————————————————————–

【アプリケーション返信方法】

以下が今回セミナーのアプリケーション返信フォームです。

– 必要事項にご記入の上、【6月14日(金)23時59分】までに、jpdu.practice.2013[at]gmail.comまで、ご返信をお願い致します。

– メールの件名は、【◯◯大学 6月BPセミナーアプリケーション返信】として下さい。

– 大学で参加する場合は大学の代表者様が、部員の皆様に参加希望の確認をとった上で、ご返信のほど宜しくお願い致します。

《大学用アプリケーションフォーム》

【1】大学名(漢字):( )

【2】代表者氏名:( )

【3】代表者連絡先(PCアドレス):( )

【4】セミナー当日連絡先氏名:( )

【5】セミナー当日連絡先携帯電話番号:( )

【6】参加人数

※原則として、レクチャーに参加された方は、ラウンドにもご参加いただくことになります。

ディベートレクチャーへの参加人数:( )

ジャッジレクチャーへの参加人数:( )

総人数:( )

【7】ディベーター情報

– 「BP経験」の欄は、以下の3つの選択肢から適当な番号をお答えください。

?BP経験が全くない

?BPを部内の練習やセミナーで多少経験している。

?BP形式の大会の参加経験がある。

– 「参加形態」の欄は、以下の4つの選択肢から適当な番号をお答え下さい。

?2ラウンドともディベーターで参加したい

?出来るだけディベートしたいがジャッジでも良い

?出来るだけジャッジしたいがディベーターでも良い

?2ラウンドともジャッジで参加したい

– 希望レクチャーは、ディベートレクチャーがジャッジレクチャーのうちどちらか1つをお選びください。

1. 氏名:( )

希望レクチャー:( )

BP経験:( )

参加形態:( )

【8】ラウンドには、大学内の部員で構成したチームでの参加を希望するか:( )

【9】その他の事情等(レクチャラーに準備しておいてもらいたい内容、レクチャー・ラウンドへのご要望、ラウンドのチーミングへのご要望等):

※複数人を登録する場合は、2. 氏名:( )・・・・というように必要な分だけコピーしてディベーター情報の欄に続けて書いて下さい。

※午前のレクチャーから1日中の参加が原則ですが、午前、または午後のみ参加したい方や、ラウンドには両日参加したい方は、その旨を氏名とともに「【9】その他の事情等」にご記入下さい。

※特定のチームで出たい、という方は、【9】その他の事情等 の部分にご記入ください。

※当日連絡先は、セミナー当日に緊急連絡先となる方のお名前と携帯電話番号です。当日会場にいらっしゃる方の情報を登録して下さい。代表者となっている方と同じで構いません。

※「BP経験」「参加形態」の欄は、ラウンドを組む際の参考にさせて頂きますが、BPは1ラウンド8人必要であり端数が出る場合がございます。その際には、ご希望に添えない場合がございます。ご了承下さい。

※会場の収容能力によっては、人数の都合上、参加者にキャップをかけさせて頂く場合があります。ご了承下さい。

—————————————————————–

以上が6月関東BPセミナーのご案内と参加登録の方法です。ご質問、ご要望等がおありでしたら、JPDU練習会6月担当(jpdu.practice.2013[at]gmail.com)までご連絡下さい。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。