【追加募集2/19締切】 海外音源セミナーのご案内

こんにちは。JPDU練習会担当の東京女子大学三年 の舩戸理沙と申します。

先日お送りしました、【JPDU主催 海外音源セミナー】の追加募集をいたします。

まだ参加希望の方がいらっしゃる場合、所定のアプリケーションフォームに 必要事項をご記入の上、ご返信よろしくお願いいたします。

各大学代表者様はお手数おかけして申し訳ありませんが、【2月19日(水) 23時59分】までに、JPDU練習会担当(jpdu.practice.2013@gmail.com)まで、ご返信をお願い致します。

また、各クラスのレクチャラーの方が決定しました。

クラス①慶應義塾大学 高橋涼太郎

クラス②一橋大学 衛藤新

クラス③東京大学 加藤彰

クラス③東京大学 田中遼太郎

です。クラスの詳細につきましては下記セミナー概要をご覧ください。

以下、セミナー概要及びアプリケーション返信方法 を再掲致します。

__

☆JPDU主催 海外音源セミナー☆

【趣旨】

– 海外大会のレベルのラウンドについての意見共有の機会の提供

【日時】

– 2月23日(日)

【会場】

– 東京女子大学

【主催】

– JPDU練習会 海外音源セミナー担当

【スタイル】

– Asian

【当日の流れ】

– スケジュール(予定)
12:50 集合
13:00-14:30 音源を聞く
14:30-14:45 教室移動
14:30-16:00 レクチャラーとともに意見を共有

【参加対象】

– 学年などの制限はございません。参加者の皆様のご希望に沿ってクラス分けいたします。

【クラス詳細】
– ①海外音源をきいてレクチャラーとともに内容をまとめるクラス
– ②海外音源をきいてreason for decision(日本語)を発表しあう(レクチャラーによるフィードバック付き)クラス
– ③海外音源をきいてreason for decision(英語)を発表しあう(レクチャラーによるフィードバック付き)クラス

【アプリケーション返信方法】

以下が今回セミナーのアプリケーション返信フォームです。
– 必要事項にご記入の上、【2月19日(水) 23時59分】までに、JPDU練習会担当(jpdu.practice.2013@gmail.com)まで、ご返信をお願い致します。
– メールの件名は、【◯◯大学 2月23日 海外音源セミナー アプリケーション返信】として下さい。
– 大学で参加する場合は、大学の代表者様が部員の皆様に参加希望の確認をとった上で、ご返信のほど宜しくお願い致します。

- 今回会場の都合により学内に入るために名前と学年の申請が必要となります。現段階参加することが確定できない参加希望者の方がいらっしゃいましたら【9】その他の事情等の欄に参加する可能性のある方の氏名と学年を記入してください。

《大学用アプリケーションフォーム》
【1】大学名(漢字):( )
【2】代表者氏名:( )
【3】代表者連絡先(PCアドレス):( )
【4】セミナー当日連絡先氏名:( )
【5】セミナー当日連絡先 携帯アドレス:( ) 携帯電話番号:( )
【6】参加人数 総人数:( )
【7】ディベーター情報
例) 1.氏名:( )
  希望クラス:( )
  ディベート経験:( )年 
【8】当セミナーへの要望
I. 音源について
・どんなモーションを希望するか:( )
・どんな音源を希望するか:( )
II. レクチャーについて
・どんなレクチャーがいいか:( )
【9】その他の事情等

※当日連絡先は、セミナー当日に緊急連絡先となる方のお名前、携帯電話アドレス、携帯電話番号です。当日会場にいらっしゃる方の情報を登録して下さい。代表者となっている方と同じで構いません。
※ディベーター情報は、例に従って1. 氏名:( )・・・・ 2. 氏名:( )・・・・ というように必要な分だけコピーして記入してください。
※【8】当セミナーへの要望 については任意です。希望のある場合のみ記入してください。

________________________________________________________

以上が海外音源セミナーのご案内と練習会参加登録の方法です。ご質問等は、JPDU練習会担当(jpdu.practice.2013@gmail.com)までご連絡下さい。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

JPDU練習会担当
東京女子大学三年
舩戸理沙