【 JPDU Pre-Australs 2015 】アプリケーション

こんにちは。Japan Pre-Australs 2015にてCommunication Directorを務めております
神奈川大学3年の吉井遼太と申します。
先日はインビテーションへの返信ありがとうございました。
様々な大学の方々から返信をいただき、コミ一同嬉しく思っております。

 今回は今大会のアプリケーションのメールを差し上げています。
インビテーションで参加を希望された大学/ジョイントチームの代表の方は、
以下の内容をよくお読みになった上でアプリケーションフォームに記入し、【6月21日23:59まで】
CD吉井(pre.australs2015@gmail.com)に返信の方をよろしくお願いいたします。

以下、大会の詳細とアプリケーションフォームになります。
なお、★のついている項目は追加情報となりますので必ずご確認ください。

《JPDU Japan Pre-Australs 2015》

【大会趣旨】
‐Australasian Styleの経験機会の提供
‐Australsの前哨戦

【日時】
2015年6月28日(日)

★【会場】
お茶の水大学
※当日入校に際し身分証が必要となります。学生の方は学生証、社会人の方は身分を証明できるものを必ずお持ちいただき、守衛の方に「英語ディベート部の活動で来た」という旨をお伝えください。

【ディベートスタイル】
‐Australasian Style(3 on 3)
‐Constructive Speech: 8minitues
‐Reply Speech: 4minutes
‐Preparation Time: 30minutes
‐3motion制
‐POI無し、POO無し

【ブレイクシステム】
予選:3ラウンド
ブレイクチーム:2チーム
ルーキーブレイク:ルーキーチーム数に基づいて考慮いたします。全員がディベート歴2年以下のディベータ―で構成されるチームがルーキーブレイク対象となります

【参加対象】
全ディベータ―(学年/学部・学院生/社会人等制限はありません)

【チーム編成】
特に制限はありません。

★【参加費】
3000円。
大会当日にレジにて徴収させていただきます。

【ジャッジ提供】
N=1(1チームにつきジャッジを1人提供していただきます)
※ジャッジ提供が難しい大学/チームがいらっしゃいましたらCD吉井(pre.australs2015@gmail.com)まで
ご連絡ください。対応させていただきます。

★【Adjudication Core】
今回の大会ではCA制を採用しております。Adjudication feedback sheet(ジャッジ評価制度)を
導入し、ディベーターから評価、またジャッジ同士で評価をして頂きます。評価の高かったジャッジの方は
ジャッジブレイクをし、Grand Finalのジャッジをして頂きます。
 なお、以下の方々が今大会のAdjudication Coreとなります。
 CA: Yasufumi Tozuka
DCA: Shingo Fujita
  Kohei Arakawa
Shimon Nakayama
April Broadbent

★ジャッジ資格
 今大会のジャッジ資格に関しましては、後日送付いたしますジャッジテストに回答していただければ
どなたでもジャッジとしてご参加いただけます。
 今大会はAustralsの前哨戦であり、またディベートコミュニティの国際化、成熟化を目指すにあたり、
英語でのジャッジング、及びディスカッションを導入させていただきます。
(細かいオーラルフィードバックに関しては日本語での補足は可能です)

★【チームキャップ】
 インビテーションの段階でのチーム数が、会場収容人数内に収まりましたのでチームキャップは設けません。

《返信用アプリケーションフォーム》
インビテーションで参加を希望された大学/ジョイントチームの代表者の方は以下のフォーマットに記入し、
【6月21日23:59まで】にCD吉井( pre.australs2015@gmail.com )まで
返信をお願いいたします。
なお、記入していただく代表者連絡先は大会当日の緊急連絡先としても使用させていただきますので、
大会に出場される方の連絡先をご記入いただくよう、よろしくお願いします。
また、記入していただいた連絡先につきましては、今大会目的外には使用いたしません。
 またルーキーブレイク導入を予定しておりますので、お手数ではありますが
ディベート歴の記入をお願いいたします(例:大学3年生→ディベート歴:3年)

【大学参加用】
大学名:
チーム代表者名:
チーム代表者連絡先(携帯電話番号):
チーム代表者連絡先(PCアドレス):

チーム名(全角20字以内):

(Debater1)
氏名:
ローマ字氏名:
ディベート歴:

(Debater2)
氏名:
ローマ字氏名:
ディベート歴:

(Debater3)
氏名:
ローマ字氏名
ディベート歴::

(以下2チーム以降出場される方は上記のフォーマットをコピーしてお使いください)

—————————————————

【ジョイント参加用】
代表者名:
代表者大学名:
代表者連絡先(携帯電話番号):
代表者連絡先(PCアドレス):

チーム名(全角20字以内):

(Debater1)
氏名:
ローマ字氏名:
大学名:
ディベート歴:

(Debater2)
氏名:
ローマ字氏名:
大学名:
ディベート歴:

(Debater3)
氏名:
ローマ字氏名:
大学名:
ディベート歴:

—————————————————

【提供ジャッジ情報】

提供ジャッジ氏名:
ローマ字氏名:
出身大学:
ジャッジ連絡先(携帯電話番号)
ジャッジ連絡先(PCアドレス)

(チーム数分のジャッジ情報を、フォーマットをコピーしてお書きください)

———————————
※以上のフォームをコピーして記入するようお願いいたします。

以上がJapan Pre-Australs 2015のアプリケーションとなります。
何かご不明な点等ございましたら、CD吉井( pre.australs2015@gmail.com )までお気軽にご連絡ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

—————————————————

また以下に、JPDUスポンサー担当からのお知らせを紹介させていただきます。

【JPDU summer seminer 寄付金のお願い】

JPDUでは今年もプレオーストラル会場にて JPDU summer seminerへの寄付金を募集致します。
毎年皆様からの尊い寄付金のおかげで海外からの優秀な講師の招致、
また参加者の金銭的負担軽減の実現に至っております。
今年も日本における英語ディベートの普及と発展のために
夏セミナーは是非とも質の高いものを開催したいと考えておりますので、
何卒皆様の御理解と御協力を賜りたく存じます。
宜しくお願い致します。

JPDU個人スポンサー担当
津田塾大学学芸学部国際関係学科 4年
山岸洋子/Yoko Yamagishi