【秋T2016】ジャッジテスト、ジャッジテスト免除のご案内

私、JPDU Autumn Tournament 2016 (秋T) でChief Adjudicatorを務めております、
東京大学大学院修士課程1年の倉内亮弥と申します。

本日は、
1. Adjudication Testのお知らせ
2. Adjudication Test免除申請のご案内
3. Personal conflict申請のお願い
の3点について、Adjudication Coreを代表してご連絡させていただきました。
主にジャッジの方向けの内容になっておりますが、Adjudication Test受験者の方に配布しておりますDebaters & Adjudicators Briefingは
ディベーター向けのルール解説も含んでおりますので、ディベーターとして参加される方もぜひご一読ください。

1. Adjudication Testのお知らせ
今大会でも基本的に参加されるジャッジの方にはジャッジテストを受けていただきます。
ジャッジとしての参加資格となっておりますので、期限以内に提出していただけない場合、
提供元のチームの出場権を剥奪することもございます。
各大学代表者の皆様は提供ジャッジの皆様にご周知いただきますようよろしくお願いします。

また、今大会でも、優秀なジャッジの方がより少ない負担でご参加いただけるよう、一定の実績をお持ちのジャッジの皆様には
ジャッジテストを免除しております。「2. Adjudication Test免除申請のご案内」の項目をお読みになり
申請していただきますようよろしくお願いします。

Adjudication Testの受け方は次のようになっております。
a. 下記URLからAdjudication Briefingを良く読み、ルールやスコア基準を理解する。
https://drive.google.com/file/d/0ByydR5aLE5HrNEhWS29VMGt5bjQ/view?usp=sharing

b. ジャッジテスト用のラウンドを下記URLから視聴する。
https://www.youtube.com/watch?v=Op4oZR4yXiQ

c. ラウンドを視聴後なるべく速やかに順位、スコアを決定し下記URLのフォームから提出する。
https://goo.gl/forms/rJ8JF01NWFOUmaOE3

以上で完了になります。提出期限は【9月11日 (日) 23:59】です。
この時間を越えた回答は一切受け付けませんのでご了承ください。
※こちらから提出を確認するメールの返信等はいたしませんので、確実に送信したことを確認していただきますようよろしくお願いいたします。

また、ジャッジテスト回答フォームの中にはPersonal conflictに関する質問もありますので、下記「3. Personal conflict申請のお願い」もご覧の上ご回答ください。

2. Adjudication Test免除申請のご案内
すでに一定の実績をお持ちのジャッジの方はジャッジテストの免除を申請することが出来ます。

ジャッジテスト免除申請が出来る方は以下の2つの条件を両方満たす方です。
a. BP Styleの大会で一度以上ブレイクした経験のある方。(国内国外、ディベーター、ジャッジは問わない)
b. 3度以上のジャッジブレイク経験をお持ちの方。(Reserved Breakは含まない)

上記条件を満たし、ジャッジテストの免除を希望される方は以下のURLのフォームにアクセスし、必要事項を記入、提出してください。
https://goo.gl/forms/14DXaUUgYboV0rCS2

申請期限は【9月9日 (金) 23:59】です。それ以降の申請は認められません。ジャッジテストの受験をお願いいたします。

また、フォームの中にはPersonal conflictに関する質問もありますので、下記「3. Personal conflict申請のお願い」もご覧の上ご回答ください。

申請内容を確認の上、Adjudication Coreが協議しジャッジテスト免除の可否をお知らせいたします。申請後2日以内に返信がない場合はAdjudication Coreまでご確認ください。

ジャッジテスト免除が認められなかった方は、申し訳ございませんがジャッジテストを受けていただきます。「1. Adjudication Testのお知らせ」をご覧の上手続きを進めてください。

3. Personal conflict申請のお願い
今大会でもPersonal conflictを調査し、それを反映したジャッジアロケーションを行います。
・大会でチームを組んで長期間練習したパートナー
・恋愛関係にある/あった
・激しい対立関係にある
のように、自身のジャッジング(ディスカッション、ディシジョン等)に影響をあたえてしまうような関係を持つディベーターまたはジャッジが参加者の中にいる場合、大会の公平性に関わりますので、personal conflictを申請してください。

今大会の参加者リストは下記のリンクからご覧いただけます。
https://drive.google.com/file/d/0ByydR5aLE5HrWDIwN19sQ2pIX2M/view?usp=sharing
※参加者リストに以下2点訂正があります。
誤:WAD A Singo Fujita 正:Shingo Fujita
誤:WAD B Kazuma Tadagosi 正:Kazuma Tadakoshi

申請はAdjudication Test提出フォーム、Adjudication Test免除申請フォームの提出時に同時にできるようになっております。申請期限は各フォームの提出期限に準じます。
Adjudication Test免除申請が通らなかったジャッジの方は、お手数ですがAdjudication Test提出フォームでも同様の内容をご回答ください。

また、ここでACが得た情報は、AC、Tabulation Director以外が知ることはありません。
ご協力よろしくお願いいたします。

以上3点、よろしくお願いいたします。
質問のある方は、すべて
jpdu.autumn2016ac@gmail.com
まで気軽にご連絡ください。
皆様に会場でお会いできることを楽しみにしております。

倉内亮弥
Chief Adjudicator, JPDU Autumn Tournament 2016