秋T DCA公募について

耐え難い暑さが続いておりますが、皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

私、JPDU Autumn Tournament 2016でChief Adjudicatorを務めさせていただくことになりました、
東京大学大学院修士課程1年の倉内亮弥と申します。今後大会までの間よろしくお願いします。
さて、本日は、今回の大会で、Deputy Chief Adjudicator (以下、DCA) の公募を行うことになりましたので、お知らせさせていただきます。

通常JPDUの大会では、JPDUにChief Adjudicator (以下、CA)が選出され、CAとTournament Director (以下、TD) の協議で
DCAを選出し依頼するという流れをとっております。その他の国内大会でもTDとCAの協議でDCAを選出するのが一般的であります。
今大会でもDCAの一部は従来どおりのプロセスで決定しますが、それに加え公募からのDCA選出を考えております。

公募を行う主な理由としては
・TDやCAが国内全てのディベーターについて熟知しているわけではないため、こちらから声のかかりにくい方の中にDCAたりうる方がいらっしゃる可能性があること。
・現在までに候補にあがった多くの方がディベーターとして大会に参加予定であるなど、こちらから一方向のアプローチでは非効率な面があること。
が挙げられます。

興味のある方には是非ご検討いただければと思います。

以下、応募の方法です。

注意事項をよく読み【8/16(火) 23:59までに】 以下のフォームの必要事項を記入し提出していただく。
大会が近いため期限が短くなってしまっておりますこと、お詫び申し上げます。
フォーム

注意事項
※こちらからメール等での返信はございませんので、確実に送信されたことを確認してください
※応募者の個人情報(名前、連絡先等)は本DCA選出のみに使用いたします。
※公募に平行して、通常通りTDとCAの協議によるDCA選出を行っていますので、その状況次第では公募からの選出はない可能性もございます。
※DCA決定後、どのDCAが公募からの選出であったかなどは一切公表いたしません。
※決定したDCAについては全員アプリケーション時に報告させていただきます。
※質問等は本メール末尾のメールアドレスまでお願いします。

それでは、ご検討・ご応募よろしくお願いします。

JPDU Autumn Tournament 2016
Chief Adjudicator 倉内亮弥
jpdu.autumn2016ac@gmail.com